記事一覧

肌のタイプ「混合肌」や「敏感肌」とは

混合肌
脂性肌の部分と乾燥肌の部分が混ざっている肌を指します。一般的には、額と鼻筋のTゾーンが皮脂の多い脂性肌、頼からあごにかけてのフェイスラインは水分・油分の少ない乾燥肌というケースが大半です。脂性肌の部分は毛穴の詰まりや黒ずみができやすい反面、口の周りはカサつくなど、ケアが難しいのが特徴。食生活やホルモンバランスの偏りなどが影響していることもあります。

敏感肌
肌が極度に乾燥していたり、肌表面のキメが乱れているために、ヒリヒリ感やツッパリ感、赤み、ほてりといった過敏性が出るようになった肌です。一般には乾燥肌+敏感肌という例が多いようですが、脂性肌+敏感肌、混合肌+敏感肌などさまざまなタイプがあります。一度、過敏に傾いた肌はあらゆる刺激に対して敏感になっており、今まで使っていた化粧品やスキンケア製品がしみる、紫外線に当たると赤みが続く、季節の変わり目に湿疹が出るなど、さまざまなトラブルが生じます。敏感肌の症状が長く続くときは、セルフケアにこだわらず皮膚科医を受診することをおすすめします。

こうした肌のタイプは、決して固定的なものではありません。年齢や季節によって変わることも多いので、自分の肌の状態をよく観察して、そのときどきで肌に必要なケアをしていく必要があります。また、持って生まれた肌質ということではなく、日々のスキンケアによって肌のタイプがつくられていることもあります。たとえば自分では「刺激に弱い敏感肌」と思っていても、それが洗顔のしすぎや肌に合わないスキンケア製品に起因していることもあります。そういう場合は、原因になっているケアをやめない限り、肌は一向に改善しません。特にトラブルがあるときは、そのトラブルがなぜ起こつているのか、その理由を正しく理解してケアすることがとても重要です。でも、心配することはありません。肌がもともと持っている機能、つまり「何が肌本来の力なのか」を正しく理解すれば、誰でも肌に本当に必要なケアがわかるようになります。年齢に負けずに健康で美しい肌を手に入れるためのスキンケアのポイントは、実はとてもシンプルなものです。

肌のタイプは、年齢や季節によっても変わる

一般に、皆さんがよく目にする「脂性肌」「乾燥肌」といった肌のタイプは、水分と油分のバランスで次の4つのタイプにわけられます。

普通肌
肌の水分と油分のバランスがよく、キメが整っている文字通りノーマルな肌。ニキビや肌荒れ、くすみといったトラブルが少なく、スキンケア製品や外的刺激によってかぶれや赤み、ヒリヒリ感が出るといった過敏性もない状態です。

脂性肌
肌に適度な水分はあるけれど、皮脂分泌が過剰で肌の表面がべ夕つきがちな肌。多すぎる皮脂が毛穴を広げることにより、毛穴の開きや黒ずみが気になるほか、皮脂によって肌が酸化して硬くなり、毛穴がふさがってニキビや吹き出物もできやすくなります。一般に、思春期にはホルモンの関係により、脂性肌に傾きやすくなります。

乾燥肌
水分も皮脂も少なくなって、乾燥している肌です。年齢的には40代頃から増えてくる肌タイプです。乾燥が軽度のときは、肌がカサつく、くすんで見えるといったトラブルが目立ちますが、乾燥が進んでくると、頼や口の周りが粉をふいたように白くなったり、シワやたるみが気になるようになります。また乾燥した状態が続くと、肌が過敏になり、ヒリヒリ感や痛みを感じるケースもあります。

乾燥性脂性肌
水分が不足しているのに、皮脂が多い肌です。毛穴の開きやニキビ、吹き出物といった過剰な皮脂による悩みに加え、肌内部が乾燥しているためにハリを失って、くすみやたるみ、シワといったトラブルも出てきます。表面の脂っぼさを気にして油分を取り除くケアだけをしていると、ますます乾燥が進んでしまう悪循環に陥るので注意が必要です。

美容医療はハイリスク・ローリターン?

美容医療は、老化して不健康に見える肌を健康的な肌に根本から改善する方法と言われます。美容皮膚科は、保険が適用されない自費診療を中心に治療を行い、最新の肌のアンチエイジング医療を受けることができるため、近年人気が出ています。もちろん保険が使える一般的なニキビ治療なども受けられる美容皮膚科もたくさんあります。そのほかにも美容皮膚科では、患者さんの間違ったスキンケア法に関する改善アドバイス、医師が開発した.特別なコスメの販売、スキンケアの指導、有効な薬剤の処方、レーザーやラジオ波を用いた医療機器による治療、点滴や注射による皮膚を若返らせる薬剤の注入などを行います。

このように、美容皮膚科には多種多様のアンチエイジングメニューがあります。一方でこのメニューの豊富さが私たちを悩ませるのです。つまり、どの治療を受ければいいのかがわからない、よく理解できない、医学用語や医療技術の難しさがあるのです。施術の内容をやさしくわかりやすく説明してくれる医療機関を選ぶことが第一関門なのです。それぞれの治療メニューは決して安いものではなく、美肌点滴やプラセンタ点滴や注射が3000円~5000円程度ですが、一般的には一つの治療が1万円以上、高いものでは30万円とか50万円とかそれ以上、というメニューもあります。

美容皮膚科でも、一度では肌老化の若返りに関する効果が出にくいために、患者のニーズに合わせて数回に分けて施術を行い、さらに一つの治療法で問題を解決するのは難しいため、複合的にいくつかの治療法を組み合わせて提案することが多いです。それぞれの治療は保険がきかないために、高額になることは避けられません。もう一つ、美容医療には痛みを伴うことが多いのもデメリットです。もちろん美容整形のようにメスで肌を切ったりはしませんが、肌に注射針を刺すことはありますし、レーザーで皮膚の表面に痛みを伴う刺激を与えたりもします。

ただ、痛みを軽減する方法も工夫されているので、痛みについて不安がある場合は、正直にそれを伝えて、対策を考えてもらいましょう。しかし、美容皮膚科に行っても肌の老化は根本から元に戻すことはできませんし、エイジングケアの費用は、一般吋に安いもので3万円くらいで、レーザー治療を数回受けると10~30万円程度はかかってしまいます。また、決して安いからと値段で飛び付かずに、大切な自分の肌のことを考えて、受ける治療法に関して豊富な症例件数を持ち、確かな技術力を持つ美容皮膚科を選びましょう。

エステサロンの上手な見極め方②

医療機関で使えるレーザーや超音波などの美顔や美肌用の医療機器と、エステサロンで使えるマシンでは、エステサロンの方が、はるかに効果がマイルドで、じっくり時間をかけて美肌をめざしたい人向けだと思います。たとえば脱毛にしても、医療機関よりもエステサロンの方が遥かに時間がかかるのが普通です。エステサロンでも、シワ、たるみ、シミ、乾燥、毛穴対策を行っていますが、効果があるのは、一時的な乾燥とたるみの改善で、根本的な肌の若返りは時間を要します。シワ、たるみ、シミなどを改善させることよりも、エステサロンの最大の魅力は、やはりリラクゼーションではないでしょうか。

マッサージの上手なエステティシャンに1時間、2時間かけて、じっくりと全身をトリートメントしてもらうと、心からリラックスできますし、実際に肌色も良くなって、明るく元気な透明感のある肌になります。肌の乾燥も改善して、しっとりと手に吸い付くような弾力とハリを持った肌になりますし、顔の輪郭もキリリとシャープになります。ただしその効果がずっと続くわけではないので、定期的に通って施術してもらう必要があります。サービスに関しては、たとえば、素晴らしいマッサージを受けて、リラックスした気分のときに、回数券や会員権を売り付けたり、化粧品や美顔器などの説明を受けるのは、興ざめです。

せっかく俗っぽい世界から少し離脱して、夢心地でいたのに、現実に引き戻されるようで、一気に、気分が悪くなりますから、こういう経験をしたサロンには二度と行かないようにします。エステティックサロンは、心に満足と心地よさと安らぎを与えるとともに、肌や身体を健康的で美しい状態にしてくれる場所なので、病気が治ったり、肌老化が遅くなったり、若返ったりすることを目的にして期待し過ぎないことです。それよりも究極のリラクゼーションを体験して賛沢な気分を味わい、自分の心と体を癒す場所だととらえましょう。

エステサロンの上手な見極め方①

エステサロンは、顔や体のマッサージ、スキンケア、脱毛、ダイエット(痩身)、アンチエイジングなどを行う美容とリラクゼーションに特化した店です。そこで感じるエステサロンのアンチエイジング効果、特に肌の若返り効果は、正直言って「玉石混交」で、質もまちまちだというのが感想です。エステサロンで働く人は「エステティシャン」と呼ばれますが、国家資格などの公的な資格はなく、あるものは民間団体が定めた資格のみで、資格によって認められた技術内容も異なります。専門学校に通って医学や人体について学んだり、接客マナーやさまざまな施術法を身につけた人もいれば、サロンで働きながら実践で技術を習得した人もいます。

「この資格を持った人なら絶対に信頼できる」という目安になる資格や免許がないため、実際に施術を受けてみて、自分が気に入った技術やサービスを持つ人を見つけるのが一番確実な方法です。そのためには、失敗も覚悟で、探さなければいけないというハードルがあります。気に入ったエステサロンを見つけるのには、時間とお金がかかるのも事実です。知人の紹介で行く場合、注意したいのは、「友人でもエステサロンに求めるサービスが異なるし、好みも異なること」です。親友が紹介してくれたエステサロンでボディのマッサージの施術を受けると、痛くて痛くて我慢できないくらいだったのですが、友人の紹介なので、正直に「痛い」と言えずに施術を受けてしまい、翌日、ものすごい筋肉痛になったこともあります。

雑誌やネットで見ると、ものすごく手頃な価格で脱毛や痩身のマッサージ、食事指導などをしてくれる所もあるようですが、実際に行ってみると、何度も施術を受けなければならなかったり、ホームケア用品や、スキンケア製品の購入を勧められたりします。けっこうな時間とお金がかかると考えて、「見極める目」を持ってください。美肌や肌老化対策のエステサロンのメニューで、最近特徴的なのは、美容皮膚科や皮膚科が行っているサービスをメニューに取り入れるところが多いことです。

ページ移動