記事一覧

巷で話題の若返り美容法 その実カと弱点とは

世間には老化を防ぐための様々な美容法が出回っています。しかし、これまで見てきたように、細胞の老化にあらがうことができる美容法は存在するのでしょうか。ここからは、巷で話題の若返り美容に関して、その実カや弱点について考えてみます。美肌サブリと言えば、コラーゲンやヒアルロン酸などの美肌成分が含まれたジュースや、スムージーなどに溶かして飲んだりする粉末パウダーなどの商品が、ロング&ベストセラーになっています。これは美肌成分を飲んで体の内側から補給しようという考えです。体内で発生した活性酸素を除去する抗酸化物質入りのドリンクやサプリメントも人気で、ものすごい数の商品が世の中に生み出されています。

これらのサブリは、「美肌にプラスになるかもしれない」というイメージを持つ食品の成分が濃縮されて、たっぶり入っているように説明されています。たとえば、美肌成分として一番身近なビタミンCであれば「レモン20個分のビタミンCがたっぶり」などと表現されます。コラーゲンを例にして考えてみると、いかにもたくさんのコラーゲンがたっぶり入っているような宣伝文句に触れると、肌に良さそうで、すぐに美肌になれそうな気がします。しかし私たちが食べたものは、全て一度は細かく分解されて、アミノ酸として貯蔵されます。

そして必要に応じて皮膚、骨、血管などになるために再結合されます。ですからコラーゲンを食べても飲んでも、そのままコラーゲンとして肌に直行して、肌のハリや弾力に役立ってくれるわけではないのです。せいぜい、「コラーゲンをつくる材料を豊富に貯蔵しておける」という程度の効果です。「でも、フカヒレを食べた翌日はお肌がプリプリになるけれど、これはコラーゲンのおかげではないのか」と思う人もいるでしょう。どう考えても、一晩寝ただけ、ほんの8時間足らずで、フカヒレのコラーゲンタンパク質が、肌に定着してコラーゲンを増やしたということは考えにくいです。

たぶん、フカヒレと一緒に調理された油によって、皮脂の分泌が増えて肌がツヤっぼくなったり、フカヒレと一緒に飲んだお酒やジュースでいつもより水分をたくさん摂ったから、体重が増えて、若干むくみ気味になり、シワっぼかった肌に、一時的にハリが出たのかもしれません。でも一時的にでも、肌がいい方向に向いたのであれば、フカヒレも美肌に効果ありと考えても良いでしょう。「食べて若返る」効果に関しては、あまり即効性を求め過ぎず、習慣的に続けていくことで、少しずつ老化を遅らせることができるという程度の期待に留めましょう。