記事一覧

肌老化はなぜ加速するのか、原因をチェック!①

シミ、シワ、たるみ、くすみ、毛穴が五大老化サイン。このような老化を引き起こす根本的な原因は、主に紫外線、乾燥、血行不良、糖化、ホルモン不足にあるとされています。これら老化を加速させる原因の解説に入る前に、まずはチェックリストを確認して、自分の肌老化を加速させているものがどれなのかを把握してみるとよいでしょう。

①紫外線
シミ、シワ、たるみなど、肌老化の原因の約80%は紫外線と言われます。私たちの肌にダメージを与える紫外線はUVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)があります。UVBは波長が短く、肌表面の表皮にとどまって、赤茶色に肌を変色させて、シミやくすみなどの日焼けあとを残します。UVBは4月頃から強くなり、5~9月までの紫外線が特に強く、日焼けあとを残します。しかし肌老化を起こすのはUVBよりも、UVAなのです。UVAは紫外線の成分の95%を占めるため、「紫外線ダメージ=UVAによるダメージ」と考えても過言ではありません。

UVAは、曇りの日でも降り注いでいます。さらに窓ガラスも通り抜けて室内に侵入するパワーがあり、肌の奥にある真皮にまで入り込んで、肌のハリと弾力をキープする真皮のコラーゲンやエラスチンを傷つけ、ゆるんだゴムのように変化させて、肌の土台を壊してしまうのです。それだけでなく、真皮でコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生み出してくれる大切な「線維芽細胞」にダメージを与え、大切な美肌を生み出す力も衰えさせ、線維芽細胞自体の数も減らしてしまうのです。